みんなに伝えたい、こと・もの・ひと。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2月振り返り | main | 信用は一瞬で失うものじゃない >>
『生かされて。』
イマキュレー・イリバギザ,スティーヴ・アーウィン
PHP研究所
¥ 1,680
2ヶ月ほど前に買っていたこの本。
ルワンダで発生した歴史的な大虐殺における実体験を、
数少ない生き残りの1人として、
イマキュレー・イリバギザという女性が綴っている。


アマゾンで買ったものの、他の本たちに埋もれ、
少し存在を忘れかけていた頃に
Jarがブログで感想を書いているのを見つけた。

タイミングの良さに、
この本になんだかとても縁を感じ、早速読み始めた。

そして、ついさっき読み終える。



「過酷」なんて言葉では到底表せない程の逆境の中で、
彼女がどこに、どのように救いを見出し、
希望を持ち続ける強さを自らの中に育てたか、、

読んでいて、非常に学ぶところが多かった。



途中、いろんな言葉に自分の心のひだが反応した。


その中でも、一番響いたのはこの台詞。

「山も信仰で動く。
イマキュレー、しかし、もし信仰がたやすいことだったら、すべての山は動いてしまうだろう。(後略)」

イマキュレーたちツチ族の生き残りを殺そうと、
フツ族の男たちがすぐそばまで迫っていた。
「殺せ!殺せ!!」という叫び声が聞こえる。
壁1枚を隔てた隠れ場所の中で、イマキュレーはひたすら祈り続け、
いつの間にか気が遠くなってしまい、イエスが現われる夢を見る。
これは、そこでイエスが言った言葉。




うーん、、そうなんだよねぇ。
たやすいことじゃないんだよね。


この言葉に、だいぶ励まされた。


明日Jarと感想を話し合おう。
何が出てくるか、楽しみだ。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://feed-over.jugem.jp/trackback/89
TRACKBACK
どんな状況でも決してあきらめないこと というメッセージが、僕の魂を震わせ、巻き上がる澱と共振してさらに強く強く響きわたり、こだまし続けるような本でした。 生かされて。 イマキュレー・イリバギザ,スティーヴ・アーウィン 本に入り込んでしまったよ
Left To Tell -my experience in Rwandan Holocaust | 学(ぼ)ぶログ  | 2007/03/26 23:40