みんなに伝えたい、こと・もの・ひと。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< クリパ2006 | main | 2006年に観た映画 >>
もうすぐ2年
板倉さんのブログで紹介していただいたおかげで、
アクセス数が飛躍的に伸びています。

以前Macさんが味わった驚きはこれかと。。(笑)


・・思えば、板倉さんのブログに偶然たどり着き、
2005年4月のオープンセミナーに参加したのが、全ての始まりでした。

そのオープンセミナーに関して、
まるで昨日の出来事のように、今でも印象強く思い出す場面があります。

それはサンケイビル大会議室での板倉さんの講義中のこと・・
突然板倉さんに話を振られた、
それまでは板倉さんの横でPC操作を行っていた男性が、
前に出て自分のダイエットの経過をプレゼンし始めました。

(・・彼はだれだ??)

内容は確か、会計上の利益と株価の相関関係より、
日数と体重・体脂肪の相関の方が強いことを説明するものだったかと思いますが(笑)、

とにかく、それまでは板倉さんだけが話すものと思い込んでいた私は、
かなり呆気にとられてそのプレゼンを見ていたのですよね。
その男性が、当時既にパートナーのお一人だった橋口さんでした。

(妙にプレゼンうまいな〜・・この人)

と、今にすればなんて失礼な・・というようなことをその時は思いながら、
プレゼンを聴いていたのを覚えています。

その時に初めて、この事務所には板倉さん以外の関係者も
存在するんだと知りました。


そしてその後の懇親会で、
パートナーのNaokiさんや(今は違うけど)JarJar
卒業生だったようこさんからお話を聞き、
それまで迷っていた翌月の「合宿セミナーへの参加」を決意しました。

「20万円」という価格のインパクトと、
「よく知らない人たちと合宿」なんていう不安要素から
それまで参加をずっと迷っていたのに。

そこで決めた理由は、
なんかね、誠意が伝わってきたから。

板倉さんという人物はまだよくわからないけれど、
(その時は、まだほとんどお話したことがなかったからね・・)
でも、こんなに誠意を感じる人たちが周囲にいるんだったら、
彼を信じても良いかもしれない・・なんて思ったのです。
類は友を呼ぶと思うから。

その後も何回もセミナーを再受講し、
一方では遊び系イベントにも参加させていただき、
気づけばあと3ヶ月で2年が経とうとしています。

一緒にいられることに、こんなに感謝したくなる仲間たちとの出会いって
本当に奇跡だと思います。

共に過ごせる時間や、そこにある場の大切さを感じられるのも
彼らのおかげ。
ただ、感謝です。

できるだけ長く、大切に続けていきたい関係です。


P.S.
ただ今肋軟骨にひびが入ってます。
どおりで、クリパ当日もなんだか胸が痛いと思ったんだよね。。

原因はどうやら最近の風邪で咳をしすぎたためらしい。
あるんだねぇ、咳で骨が折れることって。。
そんなワケでちょっと言動が不自然になっているのはご勘弁くださいませ(笑)
>関係各位
スポンサーサイト
おんさま
初カキコします。
>ただ今肋軟骨にひびが入ってます。
>どおりで、クリパ当日もなんだか胸が痛いと思ったんだよね。。
ええ!!、クリパ中にどっかでぶつけたとかではなくて?
肋軟骨って固定等できないから、しばらく大変だと思うけど、お大事にね。
きの | 2006/12/21 09:54
そんなことがありましたね〜(笑)。

いきなり「あれやってよ」と振られたので、
あんなアホなデータ見せてもいいのかな〜と
思いつつプレゼンしたのを思い出します。

あれから二年か〜。
早いですね、ほんと。
始まりは、すべてほんのちょっとした
奇跡的なきっかけでしたね。
おんさま | 2006/12/21 14:42
ごめんなさい。
自分の名前を「おんさま」にしてしまいました(笑)。

失礼。
橋口 | 2006/12/21 14:43
RGSラバー、きのさま(笑):
コメントどもです♪
クリパお楽しみ様でした。

> クリパ中にどっかでぶつけたとかではなくて?
全然ぶつけたとかじゃなくて、原因は度重なる咳による圧迫みたいなのです。
今回特に風邪が長引きましたから。。
でも女性にはそれほど珍しいことじゃないらしいですよ。

今はとりあえず咳をがまん。。(咳すると痛いから)


橋口さん:
誰が私の名前を語ったのかと一瞬びっくりしました(笑)

> 始まりは、すべてほんのちょっとした
> 奇跡的なきっかけでしたね。

振り返って思い出す岐路は、全て本当に小さなものなんですよね。
他に起こりうることや、取り得る選択肢はたくさんあって、
でも1つしかないそれを選んできたからこそ、出会った人たちがいると。。
ただ大切にしたいという思いでいっぱいになります。
おん | 2006/12/21 23:50
COMMENT









Trackback URL
http://feed-over.jugem.jp/trackback/47
TRACKBACK