みんなに伝えたい、こと・もの・ひと。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 出会う人、出会わない人 | main | 椿山課長の七日間 >>
CLAセミナーでの学び
土曜日はCLA主催のセミナーに参加した。
尊敬する石野師匠のファイナンス講座。
運営主体であるCLA側には、メンターとしてMacさんが参加されている。

実は今回の内容は、もう何度も企業価値評価セミナーで聞いていること。
でもそれでも参加する理由は、一緒にいて心地よい彼らと、できるだけたくさんの時間を過ごしたいから。
それが全てと言ってもいいかもしれない。
ファイナンスを通して伝わってくる師匠やCLAメンバの“哲学”を
たくさん共有し、それを心で感じることが、私の一番のワクワクなのだ。

教えるという行為は、そのテーマが何であっても
結局は話し手の哲学を伝えている行為に過ぎないと思う。
哲学に賛同できるときは、内容も素直に受け取れるものだし、
そうでない場合、講義はただのつまらない言葉の羅列になる。
大学時代の4年間、中学生相手に塾の講師を勤めながら
私は人生哲学を懸命に伝えていたつもりだ。

以下、今回のCLAセミナーから学んだこと。
自分用のメモとして。

・「儲かる」という言葉はキライ。
 →「社会に価値提供できる」ならしっくりくる。

・「仕事を振る」という言葉はキライ。
→「それぞれの個が活きるよう役割を分担する」が好き。

・期待値のコントロールはとても重要。
 それはファイナンス分野だけに限らない。
 友情、恋愛、日々の生活、全ての場に関わってくるものである。
 (一発屋で終わらないために)

・継続性を求めるなら、無理は禁物。
 我慢を重ねると、遠くないタイミングで必ず破綻をきたす。
 継続可能なラインを見極めよう。

色々な反省と共に、心に響く内容だった。

講師の石野さん、CLA事務局の方々、
素敵な場を提供いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
当日は、来てくれてありがとう!!
おんちゃんをはじめ、心許せる人達に見てもらえたことが、僕にとって大きな価値でした。

まだまだ自分自身の反省点は多いですが、
ああいうものをやって、それで何かが動く、のだと思うと、やっぱりチャレンジすることは素晴らしいなぁと思えます。
(←自分で言うな?(笑))

またまたヨロシクです。
ありがとね。
Mac | 2006/11/27 14:46
Macさん:
こちらこそ!!
Macさんが、私のワークショップに参加してくれたのと同じように、
私も、Macさんが提供されるものだから参加しようと決めました。
そして思った通り、素敵な時間をたくさんいただきました。
ありがとうございます。
これからも共に学び、進んでいきましょうね。
おん | 2006/11/28 00:46
COMMENT









Trackback URL
http://feed-over.jugem.jp/trackback/40
TRACKBACK
土曜日は、僕がパートナーとして企画参加している、CLA(キャリッジウェイ・リーダーズ・アカデミー)のセミナーの当日でした。 財務戦略コンサルタントの石野さんに講師をして頂き、 約100名の方にお越し頂きました。 ご参加下さいました皆さま。本当に
もっと若いうちに知っていたら。 | PRESENT   | 2006/11/27 14:43