みんなに伝えたい、こと・もの・ひと。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【お知らせ】女性限定セミナー | main | 信じるということ >>
絆イベント〜感想
自分の中で消化するのに、だいぶ時間がかかってしまった。

10月24日(火)に東京駅前で行われた「絆」イベント
会計と落語と歌の融合。

色々な人が書いている通り、
イベントはとても素晴らしいものだった。
舞台上にいる人たちの、心が伝わってきた。

--

今回わかったことがある。
それは、「楽しもう」という気持ちの準備が整っていないと、
楽しめないこと。

言葉にすると当たり前なんだけれどもね。

その日私は辛いことがあって、気持ちがとても沈んでいた。
田中さんの内部統制話も、志の吉さんの落語の時も、
私はほとんど笑えなかった。

決して彼らのせいじゃない。
だってその前の週、志の吉さんの独演会で私は大いに笑っていたのだから。

受け取る私の方が、準備ができていなかっただけなのだ。

そう考えると、普段なにげなく過ごしている楽しい時間が、
とても貴重なものだと思えてくる。

「楽しいものを提供しよう」とがんばる人がいること。
「たくさん楽しんでやろう」と、そこに集う人たちがいること。
楽しもうという空気が、場が、生まれること。

それらが揃って、初めて「楽しい」が生まれる。
それは、奇跡だ。

誰かの話に、みんなで笑っていることが、
どれほど「奇跡」であるかを感じることができた。

これも、今の私に必要な学びだったのだろう。


英一郎さんの歌には、ただ涙した。

思うところあり、イベント後半は会場一番後ろに席を移動し、彼の歌に耳を傾けた。
英一郎さんの姿も見えない席で、目を閉じ、
その穏やかな歌声に身を委ねた。

彼の歌声が、これ以上ないくらい、すっと私の心に入ってきたのがわかった。

「この雨に君が濡れていないように」

一番好きな歌だ。
先日の「英一郎コンサート」で、この歌が入ったアルバムを購入した。
それから繰り返し聴いている曲。

コンサートでは実行委員の立場が気になって、
心で聴けなかった英一郎さんの歌。

今回は、とても響いた。

ぼろぼろ泣いた。

そんな思い切り泣ける自分が、心地よかった。

みんなそれぞれの想い出に浸っていたみたいだけど、
あの日会場で一番泣いていたのは、きっと私だろうな。
うん、間違いない(笑)
スポンサーサイト
はじめまして。Twitter経由でうろついてたらここへ・・。 このイベント僕も行っていました。うん、なけましたねぇー。泣けるって素敵なことですね。田中さん、志の吉さん、友達です。こういう会でまたご一緒しましょう・・・ 松山@ロスにて
松山しんのすけ | 2010/04/14 05:35
しんのすけさん:
ご訪問ありがとうございます♪
以前100冊倶楽部のパーティで、橋口さんやMacさんと共にご挨拶させていただきました。
また、いつも素敵なメルマガを届けてくださってありがとうございます♪

コメントいただき、久しぶりにこのブログを読み返して、あの時の気持ちを懐かしく思い出しました。
また英一郎さんの生歌を聞きたいな〜。

Jカレッジイベントにもまた遊びに行かせていただきますね!
おん | 2010/04/14 23:30
COMMENT









Trackback URL
http://feed-over.jugem.jp/trackback/35
TRACKBACK