みんなに伝えたい、こと・もの・ひと。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

椿山課長の七日間
##本記事には若干ストーリーがわかる内容が含まれます。
##ストーリーを知りたくない方はご注意ください。






映画「椿山課長の七日間」を観た。

2006年も終わりの今になって、今年最高に感動した映画に出会ってしまった。
それほど、良かった。

「せがれを愛してくれて、ありがとう」

突然この世を旅立ってしまった主人公・椿山が、絶世の美女になって現世によみがえる。
自分のかつての自宅だった場所で再会した彼の父親が、
その美女(椿山)に向かって言う台詞。

その台詞を聞いた瞬間、胸にこみ上げるものがあった。。
そこに重ねたものは、わかっている。


「好きだって伝えたいのに・・もう伝えられないんだよねぇ。。」

椿山の同僚だった知子。彼女は椿山を愛していた。
自分でも気づかないくらい、悲痛な思いを共に胸に秘めて。

空気のような存在は、それを失ってから初めて気付く。
自分にとってどれほど大きな存在だったかを。


「・・ありがとう。」

椿山と共に現世に戻ってきた少年・雄一。
彼は、“生みの親”に一目会うことを望んでいた。
ヤクザ稼業を理由に、父親不在の時期に雄一を里子に出した母親。
彼女は、ずっと悔やんでいた。

でも彼女は雄一を“見つけてくれた”。
ようやく、生んでくれた親に向かって感謝の気持ちを伝えられた雄一。
彼は母親に抱きしめられ、微笑みながら再び旅立って行った。



観ている間中ずっと、この映画が伝えたいメッセージを、
とても強く、クリアに感じ取ることができた。

それは、「思いは、伝えないと伝わらない」ということ。

「ずっと言いたかった。
・・生んでくれてありがとう。」
--
「お父さんに伝えたいことがあったの。
今まで育ててくれて、ありがとうって。」


2人の子どもたちが、それぞれの親に向かっていう台詞。
1人は、生まれてきてからようやく初めて会うことができた両親に。
もう1人は、いつも一緒だったけれど、今はもう会うことのできない父親に。

それぞれとても感動する言葉だけれど、
でも、、なんかせつないよね。
だって、思ってるだけじゃ伝わらないのだから。
「思っていた」では、意味がないんだ。


とても心に響く映画だった。

映画は1度しか観ない習慣だけれど、
これは、ぜひまた観に行きたい。

コブクロが歌うテーマ曲「あなたへと続く道」をリピートで聴きながら、
そんなことを思った。

「クラッシュ」
“人生という旅”の大切な仲間であるえなちゃんが、
ブログに「クラッシュ」のDVDを観たと書いていた。

その記事を見て、以前にその映画を映画館で観たことを思い出した。
感想も書いていたっけ。

--
2006.03.21 Tuesday

日比谷シャンテで『クラッシュ』を観た。

観るのに、とても心のエネルギーの要る映画だった。
見知らぬ者同士の、そして愛する者同士の間でさえ起こるささいな心のすれ違い、そして始まる激しい言葉の応酬。
当然のように訪れる・・、悲惨な結末。

誰しもが、ただ幸せを望んでいたはずなのに。
なぜそんなことになるんだろう。

観ている間、そんな疑問にも似たやりきれなさを、終始感じずにはいられなかった。

ちょっとした親切も、ちょっとした仕事上のやり取りも、関わる人の心がすさんでいると、いつの間にかそれが争いの火種となってしまい、誰もが望んでいないはずの結末を生み出してしまう。

それは、とても悲しい。。


あの映画は、私たちの世界だ。
日本は銃社会ではないと、だから自分たちには関係ないと、どれだけの人が思っているのか。館内に座っている他の観客を見ながら、そんなことを考えた。
だが、スクリーンの中で起こっていることは、紛れもなく、日常私がよく目にする光景だ。

確かに、日本警察の市民に対する態度は映画の中ほど、絶対的ではない。
確かに、ガンショップの無い日本では、銃の存在はあれほど身近ではないかもしれない。
確かに、黒人vs白人といったわかりやすい対立構造は、日本では普通にしていれば見えないかもしれない。

でも、あの映画が訴えているのは、そんなことじゃない。
自分以外の人の言動を、悪意を持って捉えてしまうことの恐ろしさ。
自分が理解できない(正確には「しようとしたくない」)ものに対する恐怖感を持って発する“思いやり”の伴わない言動と、それが引き起こす結果と支払うべき代償の数々。。

「自分さえ良ければ」
「自分以外はみんな敵」
「これだからあいつらは・・」

そんな他人を一括りにしたような自分勝手な考え方が、どれほど無数の悲惨な結末を引き起こせるか、この映画は切々と訴えてくる。
関係ない、じゃない。
まずは、自分のこととして捉えること。そして、素直な目で社会を、自分の周囲を見ること。

信じる心が、奇跡を生むのだと思う。
「ありがとう」という言葉が、その言葉を生み出す感謝の心だけが、この世界を救うことができる。

全てが「幸せな結末」でもなく、
全てが「不幸せな結末」でもないこの映画。

素晴らしい映画だった。
ぜひ、たくさんの人に観て欲しい。

--

自分の感想を改めて読み返してみて、その時の気持ちを強く思い出した。
慌しい日常に、大切なはずの何かを忘れそうになることもあるけれど、
時々はこうやって思い出せたらいいよね。

えなちゃん:
素敵なきっかけをくれて、ありがとう。
機会があれば、今度はじっくり見てみてね(笑)
2006年に観た映画
月1回のペースで映画を観に行っている。
今年観た映画はこんな感じ。

1月 THE 有頂天ホテル
2月 県庁の星
3月 クラッシュ
4月 ブロークバック・マウンテン
4月 プロデューサーズ
5月 海猿
6月 インサイド・マン
7月 ミッションインポッシブル
7月 ゆれる
8月 ゲド戦記
9月 ラフ
10月 涙そうそう
11月 椿山課長の7日間
12月 プラダを着た悪魔

観た後は自分なりに評価をつけているのだけれど、
この中で星4つ以上をつけたのは(満点は星5つ)、
「クラッシュ」
「海猿」
「インサイド・マン」
「ミッションインポッシブル掘
「椿山課長の7日間」
「プラダを着た悪魔」
の6本。

良かったからと言ったって、いずれも観点やポイントは全然異なる。
共通するのは、自分の心に響いたってことだけ。

映画は、自分を振り返るのにとても良いインプットになる。

来年も素敵な映画に出会えるといいな。
朝に読書、夜は映画
4・5月に急な腹痛になる予定です

・・って違いますね(笑)
ちゃんと仕事終わらせて行きます。

--

今日は朝から通勤途中のカフェで1時間ほど読書。
社内のメルマガで推薦されていた本
自分の小さな「箱」から脱出する方法』を読む。
示唆に富み、これからの私に「今を生きる勇気」をくれる、
予想通りの素敵な本だった。

っていうか、うちの会社はやっぱりいけてる。

良いと思った本の推薦文を書こうって思う人がいて、
その前には、メルマガを毎月作って発行する人がいて、
その前には、その発行を承認する上役がいて・・、

いろんな人の、いろんな選択肢を通って、
私に届いたこの素敵な出会い。
ただ感謝です。

うし。私も、誰かにこの幸せをフォワードしようっと。


夜はお台場で映画を観る。
それでもボクはやってない

最近邦画に良作多し。

いや、、これもほんと見ごたえのある映画だった。
1つ1つの出来事、台詞がよく練られているのを強く感じた。

すごいな〜。周防さんてすごい。

映画もやっぱり自分の鏡。
あの“違和感多き世界”を作ったのは、
紛れもなく私であり、私たちだ。

世界を1mmでも素敵なものに近づけるためには、
まずは私が「小さな箱」の外にい続けることだよね。


そうやって、今日も思考は全てつながる・・。
ぐるぐるぐるぐる。。。。
バブルへGO!!
先日、「バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式〜」を観に行ってきた。

感想は・・
最初から最後まで、とにかく楽しゅうございました(笑)

私自身はバブルって言葉には、全く馴染みがない。
17年前は小学生だったし、いる場所もバブルとは無縁の
のんびりした環境だったし。

でもなんだか観ているだけでとても楽しかった。
みんな笑顔だったしね。

映画を観ている間、先日行ったVanillaのことを思い出した。
バブル時代の世間て、あのクラブにいる状態が
日常生活でもずーっと続いていたようなものなのかな。

まぁ、とにかくこの映画は「バブルって楽しかったよねー」って
みんなで懐かしむ目的で作られたんだと思う。



そういえば、私が就職するときは、“超氷河期”と呼ばれた時代だった。
でも実感はなく、どの辺が氷河なのかよくわからなかった。

だって氷河期じゃないときを知らないからね。

近年も不景気だって言うけど、(最近は少し違うかな)
景気良いときを知らないから全然不景気だって思わない。

比較で語ると、満足するのが難しいのなら、
いつでも「今で足る」って生きていきたいよね。
アヒルと鴨のコインロッカー
東京に来て5年半。
先週金曜日の夜に、初めて恵比寿ガーデンプレイスに行きました♪

って、デビュー遅すぎですね。
恵比寿のPJに1年通ってた時期もあったのに。。・・・

6年目にして初めて訪れた理由は、
アヒルと鴨のコインロッカー」という映画を観るためです。

行く前に、とても良いという評判を聞いていたので、
とても期待して観に行きました。

さて実際に観た感想は、、、


とっても良かったです!!!きらきら

これは、ほんとおすすめ。
まだ観ていない方はぜひ。

主演の濱田岳さんの演技と味も良かったけど、
なんと言っても、瑛太さんの存在感が抜群でした。

彼が出演しているドコモのCMを思い出して比較すると、
瑛太さんは存在感を自由自在に操れるところが強みかもね。
一見なんてことない人みたいにそこにいて、
でもここぞっていう時には強烈なオーラを放てる人。
そこがすごいなと思います。

ということで、今年7本目の映画は大当たりでした。
さて、今月もう1本は何を見ようかな。

やっぱり竹内結子好きとしては、「サイドカーに犬」かな。



それにしても、ガーデンプレイスって雰囲気良いところだなぁ♪
また改めて行ってみようっとkyu
14本
2007年に映画館で観た映画は14本でした。
(昨年はこちら

1月  硫黄島からの手紙
2月  それでもボクはやってない
3月  バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式〜
4月  デジャヴ
5月  ストリングス〜愛と絆の旅〜
6月  ラストラブ
7月  アヒルと鴨のコインロッカー
7月  舞妓Haaaan!!!
8月  SiCKO(シッコ)
9月  HERO
10月 ヘア・スプレー
11月 クローズZERO
12月 ALWAYS〜続・3丁目の夕日〜
12月 カンナさん大成功です!

観た後は自分なりに評価をつけているのだけれど、
この中で星4つ以上をつけたのは8本。(満点は星5つ)

「硫黄島からの手紙」
「それでもボクはやってない」
「バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式〜」
「ストリングス〜愛と絆の旅〜」
「アヒルと鴨のコインロッカー」
「SiCKO(シッコ)」
「クローズZERO」
「カンナさん大成功です!」




3年ほど前から、1ヶ月に1度、平日の夜に
映画を観に行くようにしています。

理由は、本と同じように、映画も、
自分を知る良いインプットになるからです。
何を選ぶか、どのシーンを見てどう感じるのか、
その全てが自分を映す鏡。

また、平日の夜に行くようにすることで、
どんなに忙しくても、意識さえすれば、
時間は作れるのだということを思い出します。

大切な習慣です。


昨年も素敵な作品にたくさん出会えました顔文字
ありがとう〜。


さて、1月はこれかな。

連休2日目&3日目
日曜日は久しぶりに弟の家に遊びに行きました。
お互いまだ1人暮らしなので、時間も内容も気楽です
(こんなことができるのもあとどれくらいかな~。。)

14時ごろに行って、近況を話したり、ご飯作って食べたり、
TV見たり、GWの旅行の話をしたり、
途中、「眠たくなった〜」と言って、さっさと弟が1人で寝ている間は、
ずっと本を読んでました。


(圧力鍋で作ったビーフカレー。おいしかったぁ♪)

夜は大画面のデジタルテレビで「篤姫」を観てから帰宅しました☆
(いいなぁ。やっぱうちの小さいアナログとはキレイさが違うわ~ww)





月曜日は午後からTACへ。

2時間ほど自習室で勉強した後、
その足で4月分の映画を観に、渋東シネタワーへ。

観たのは「大いなる陰謀」。
メッセージ性の強い、見ごたえのある映画でした。


途中のスーパーで買い物をして、夜ご飯は焼きうどんを作りました。
時期的に新たまねぎがおいしい季節。
甘い野菜の味が口いっぱいに広がって、とってもおいしかったです



明日はお出かけ
楽しむぞ~
ダークナイト
昨日お台場に「ダークナイト」を観に行きました。

正直、今まで「バットマン」には、まーったく興味なかったのですが、
映画批評サイトのあまりの褒め言葉につられて行ったのでした。

これが、とっても良かった!!

2時間半という長い時間もあまり気にならないほど、
ストーリーも、見せ方も、俳優たちの演技も素晴らしかった。

バットマンに興味がない人でも、楽しめます。
ぜひ観に行ってください。
闇の子供たち
JUGEMテーマ:映画

映画「闇の子供たち」を観て来ました。



様々な立場の人がいて、
様々な思考や感情、立場と、行動があって、

そのどれもを公平に描いている、とても完成度の高い映画でした。


需要があって、供給がある。

背景があって、仕組みが作られる。

これは当然の結果なのだと、よくわかりました。



決して、感情をぶつけるだけではなく、
観た人たちに、冷静に今後のアクションを問い続けながら、この映画は終わります。

たくさんの人たちに観て欲しい映画です。



東京では「シネマライズ(渋谷)」で上映しています。


先ほど、公式サイトにある「production note」を読みましたが、
とても興味深かった。
これはできれば劇場に行く前に読むことをおすすめします。