みんなに伝えたい、こと・もの・ひと。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

つぼみが開いた
帰宅すると、昨日はつぼみだった花が1輪、大きな花を咲かせていた。

知らぬ間にその花は咲いていた。
オレンジ色の花びらを大きく広げ、ただ、そこで精一杯咲いていた。

--

初めてのワークショップが昨日終わった。
土日2日間のソースベーシックワークショップ。
受けてくれたのは、私の大切な人たちだった。

「おんちゃんから誘われたから。
 おんちゃんがトレーナーだったから、受けたんだよ。」

ワークショップの中で、打ち上げの飲み会の席で、
アンケートで、感想のメールで、
みんなにそう言ってもらえたことが、私はとても嬉しかった。

私も、あなたたちだったから直接誘った。
私が体験した感動を、大切な人たちにも感じて欲しかった。
そして、それを私自身の手でお手伝いできるなんて、最高だと思った。

昨日までのワークショップを準備している期間、当日を思い描く度にワクワクする自分がいて、でも一方でそれと同じくらい不安を感じている自分もいた。
自分との戦いだった。

感情は常に一緒にやってくる。
光と影がそうであるように。
光が強ければ、影もその分強くなる。

信じるしかないと思った。
不安を感じている自分をまず認め、受け入れることが必要だと。
そして、それくらい良いものを提供しようと思っている証拠だと自分に言い聞かせることで、私は最後まで乗り切ることができた。
ただ無邪気に自分を信じることが大切であり、信じ続けることができれば、それは叶うのだとわかった。

そのままの自分を受け入れ、自分を許す−。
これはソースの基本だ。

みんなつぼみを持っている。
心の中に、何かにワクワクする気持ちというつぼみを確かに持っている。
でも、そのつぼみを思いっきり開かせることなく、旅立ってしまう人の何と多いことか。
そのつぼみを見つけ、水をやれば、きれいな自分だけの花が咲くというのに。

2日目の日曜の夜、ワークショップ打ち上げの席でサプライズの贈り物をいただいた。
オレンジ色の花束と、woodベースの写真立て。
てっきり電話で席を外されているのだと思っていたら、いつの間にかこんな素敵なものを買いに行ってくださっていたとは。。。
サプライズの後の食事は、胸がいっぱいでほとんど食べられなかった。

みんなの笑顔がまぶしく、花束の輪郭はなぜかにじんで見えた。

私の中のつぼみが、花を咲かせた瞬間だった。

--



他の人の目を気にするのはやめよう。
他の人のものさしで、自分を測るのはもうやめよう。

あなたは、あなたで素晴らしい。

静かに頬を伝う涙を隠す必要もないし、
理想の自分になるために、変わる必要もない。
子どもの頃の、あなたの心を取り戻せばいいだけなのだ。

ワクワクする毎日を生きるために。
何より、人生という旅を楽しむために。

そして、今度はあなた自身の花を咲かせよう。

flower
私が大切にしたいもの
“元・会計士”の田中さんが、私の投げかけた質問に答えてくださった。

ありがとうございます♪
正直まさかお答えいただけるとは思っていなかったので(笑)、嬉しかったです。

<田中さんのブログ記事>
ワーキングプア
私が大切にしたいもの

田中さんの「大切にされたいもの」は、私もとても共感する内容だった。


さて・・、私自身も、改めてその問いに答えてみようと思う。

私の大切にしたいもの、それは、

「魂の共鳴」

だ。

もう少しわかりやすい言葉で言うと、

「仲間」、
「自分を信じる心」、
「価値の提供」、
「Give&Given」、
「ワクワク」、
「触れあい」・・

こんな言葉が出てきた。
これらは全て、私の中では「魂の共鳴」につながっていく。


「大切にしたいもの」は、「求めてやまないもの」でもある。
私はこれらを追い求めて、生きていくんだろうな。
魂の共鳴を感じる一瞬のために、全てを傾けて生きていくのだろうな。。


みなさんの、大切にしたいものは何ですか?
ぜひ教えてください。
みんなとのお別れ
「自分がこの世を旅立った後」のことを考えなかった日なんて、
1日だってない。

命は有限だ。
そして、魂は無限だ。



旅立ちは、大切な人たちとのしばしの別れ。
次の世で出会うまでの、ほんの少しの期間のさよなら。

そのさよならへの入り口となる別れの場を、私はどうやって過ごしたいのだろうか。

遺言というもののことを初めて考えた15歳の頃から、
私はずっと考えてきた。




結論。
して欲しいことは、1つだけ。

私の大切な人たちに集まってもらい、棺の前で、お酒を酌み交わしながら
語り合って欲しい。
大いに笑いながら、時には静かな涙と共に。

私という人間がいたことを、私が残したたくさんの思い出を、
私が愛したたくさんの人たち同士が互いに語り合っているのを見るなんて、
それは何より幸せな光景に違いない。

私はきっと、その光景を笑顔で見ているだろう。


そして、、やがて夜は明け、みんなそれぞれの日常に帰っていく。
そこで生まれた新たな縁に、いつかの再会を約束しながら、
それぞれの場所に帰っていく。

私の体は、きっとどこかに還っていくのだろう。
でも、私は生き続ける。
大切な人たちの心の中に、生き続ける。

そうして何かあったとき、ふと思い出して語りかけてもらえるならば、
それ以上の幸せはない。
ソース紹介メール
先ほど、ソース紹介メールを複数名にお送りしました。

宛先の対象は「私が過去に直接ソースのお話をしたことがある方」で、
かつ「ソース(及びワークショップ)に興味を持たれた方」です。

5月の開催を予定しているため、ソースの紹介と共に
その案内も書いています。

私からメールが届いていない方で、
ソースにご興味のある方は下記アドレスにメールください〜。
折り返し、ちょっと長めな(笑)ソース紹介メールをお送りします。

info(アットマーク)feed-over.net
※アドレスは(アットマーク)を半角記号 @ に変えてご利用ください。

ただし、メールを受け付けるのは、
原則私が直接ソースのお話をしたことがある方限定とさせていただきます。
あしからず☆
ワークショップ次回日程
次回ソースワークショップの日程ですが、
6/16-17
6/23-24
のどちらかにしようと思っています。
※どちらも土日です。

皆様のご希望に合わせて決めようと思っています。
参加をご希望される方は、
どちらの日程をご希望されるかをお知らせください☆

お返事は、メールでもコメントでもどちらでも構いません。

なお、内容に興味をお持ちの方は、
info@feed-over.net(「@」を半角「@」に変えてご利用ください)まで
メールをお送りいただければ、折り返しご連絡差し上げます。
お気軽にどうぞ♪

〜過去にワークショップを体験された方の感想〜
Macさん
chieさん
しもしも
なるなる
♪募集:ソースWS(11/25・12/2)
お知らせです。
11月25日(日)、12月2日(日)にソースワークショップを開催します。

 ・自分が好きなことってなんだろう?

 ・私は本当は何がやりたいんだろう?

 ・仕事もあるし、友人もいる。
  幸せなはずの毎日だけど、なんだか思いっきり生きてない気がして・・

 ・毎日好きなことをするなんて、リタイアした後じゃないときっと無理だよね。。


このセリフが1つでも当てはまった方には、特にお薦め。


2日間、じっくり自分と向き合うことで、
次の日からはきっと新たな一歩を踏み出すことができます。



自分がもっとワクワクする人生を送るためには、
まずは、「自分の心を動かすエンジン」を知ることが大切です。

自分の好きなことが何かを知っていますか?

スポーツ?
飲み会?
それとも今の仕事?

色々あると思います。

では、それのどこか好きなのかを知っていますか?

スポーツだったら、何でも良いわけではないですよね。
例えば野球が好きだったら、
ゴルフではなくて、野球が好きな理由が必ずあるのです。

何が欠けたら、野球が好きじゃなくなるのか、
それを知ることが大切です。

だって、欠かせない要素を見つけたら、
その要素を、他のものに展開することができるから。

それができれば、あなたの人生の中に
ワクワクするものが増えることになるのです。
身近にあるものを、ワクワクするものに変えることができるのです。

そして、その欠かせない何かが、あなたのワクワクであり、
あなたのソースなのです。



このワークショップでは、あなたの内面を深く見つめ、
内から湧き出るあなたのエンジン(ワクワク)を探し出します。
あなたを動かす原動力を探します。

ワクワクを知ることで、
あなたの人生は、より強くドライブされます。

ワクワクする人生に向けて、加速していくことを
きっと実感されることでしょう。



2日間をかけて、ソース認定トレーナーである私が、
あなたの自分探しをサポートします。


日時 :11月25日(日)10時-18時 & 12月2日(日)10時-18時
場所 :東京都内(申し込んだ方には別途お知らせします)
参加費:37,000円(消費税込・会場費別)
最低開催人数:4名、最高募集人数:8名
申込方法:info@feed-over.net宛てにメールください。
     折り返しご連絡いたします。
    (アドレスは@を@に変えてご利用ください)

※不定期に開催しているため、次回の開催は未定です。




<あとがき>
私がソースを初めて受けたのは、2年半前でした。

そこで出た私のワクワク(ソース)は、「価値観・哲学の共有」。

他の人の価値観を聞いたり、自分の哲学について話す時に
一番の幸せを感じるのです。

その後、気付いたらトレーナー養成講座に通っている自分がいました。



認定トレーナーになってから、びっくりしたことが1つあります。

トレーナーは、参加者が内面を見つめる過程をサポートします。
そこで出たその人のソースを、一緒に喜び、讃えます。

参加者の持つ価値観を一緒に探す仕事であり、
トレーナーの仕事は、まさに私のソースとぴったり一致していたのです。


ただ、このことに気付いたのは、トレーナーになった後だったのです。
(気付いた時には、驚いた後、思わず笑ってしまいました)


自分のワクワクすること(ソース)を自覚するだけで、
知らぬ間に、人生はこんなにも広がるのですね。
そんなことを知った体験でした。